冬の観葉植物に洋ランを

観葉植物でおススメなのは、冬に花を咲かせる植物です。他の季節では花壇や植木鉢などに様々な花を植えることができ、値段も安く育てやすいです。冬に咲くシンビジウムなどの洋ランは、手間がかかる上になかなかデリケートで初心者には難しいかもしれません。実家でも育てていましたが、最初の頃はなかなか花が咲かなかったり枯れてしまったりして大変だったようです。しかし今では見事な花が咲くようになり、まるで売り物のようです。これまでは冬に仏壇に飾る物を花屋に行ってわざわざ購入しなくてはいけませんでした。今では仏壇にもシンビジウムなどのランの花を飾ることができます。ランはその形もゴージャスで華やかですが、その色合いもとても上品でついついウットリしてしまいます。株分けなどで増えるので、沢山育てて玄関や居間にも飾っており綺麗です。

観葉植物は目にも体にも優しいです

都会は色々な施設が充実していて、交通機関も充実していますから、とても住み易いと言えます。ただ都会と言うのは建物や乗り物は多いのですが、緑が少ない事が多いです。緑なんて役に立たないと考えている方もいるかもしれませんが、決してそんな事はありません。街中の緑は見る人の心を癒してくれ、車などから排出される汚れた空気を浄化する効果があります。ですから街中の緑は、私たちに大いに役立ってくれています。街中の緑はおいそれとは増やせませんが、部屋の中の緑なら簡単に増やす事が可能です。お花屋さんなどで売られている観葉植物を買ってお部屋に置けば、直ぐに緑を増やす事が出来ます。そうすれば部屋に居ながらにして心を癒す事が出来、また部屋の汚れた空気をきれいにしてくれます。観葉植物はリースもできますから上手く育てる自信がない方はリースを利用するのが良いと思われます。

観葉植物を置くことで得られる良い効果

最近、観賞目的で栽培される観葉植物が人気を集めています。おしゃれで落ち着いた空間を演出できることから、インテリアとして部屋に置いている人も多いです。部屋に飾るとリラックスできるだけでなく、優しい緑色を見ると目の疲れも和らぎますし、酸素を作り出してくれるので空気も綺麗になるという良い効果がたくさん得られます。また、観葉植物は風水にも関係していて、「姿」と「葉の形」によって属性や得られる効果が異なります。例えば、葉が上向きのものは「陽」の属性を持ち、活発な気を発生させ、一方葉が下向きのものは「陰」で気を鎮める効果があります。このように、多々ある観葉植物にはそれぞれ個性があり、風水の観点から自分に合ったものを見つけて育てると、運気が良くなります。育てやすさと個性的な葉っぱが人気なモンステラには、リラックス効果はもちろん、金運アップや邪気払いに良いとされ、トイレやリビングに置くと気を鎮める効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です